月別アーカイブ: 12月 2017

貧乳になってしまって困ったこと

以前はかろうじてBカップだった胸が、子ども二人の授乳期を終えると見た目も悲しいほどの貧乳になってしまいました。以前使っていたブラジャーは合わなくなるし、手持ちのうちで胸が目立つような服は一切着られなくなりました。

そもそもこのサイズでかわいいブラジャーなどあまり無いし、胸を強調するなどもってのほかなのでかわいいブラジャーを選ぶことはできません。胸のサイズを測ってもらうことも恥ずかしくてお店の人にお願いできません。

お店で服を選ぶときも、なるべく胸が強調されないような襟元が広く開いていない服で、ボディラインをぼかすようなゆったりした服のみを選んで買うようになりました。

子どもを連れてプールや海に行くときも必ず水着の上にゆったりサイズのパーカーを着て隠します。スタイルの良い人が、ビキニなどを着て堂々と歩いているのがうらやましくて仕方ありません。

友達と服や水着を買いに行くときにも、特に美乳の友達がそのようなことを気にせずに服選びをしているのがうらやましくてたまりません。貧乳のせいで選べる服が限られてしまうのが悲しいです。温泉などに行ったときも自分の貧乳をタオルできっちり隠しながらつい他の人と比べて悲しくなります。

何よりも嫌なのは主人に「うわー小さくなったなー」と言われたり、がっかりした目で胸を見られることです。誰の子を育ててこうなったと思っているの!といつも腹が立ちます。もともとそれほど大きくもなかった胸なのですが。

しかも「それって授乳終わっても元に戻らないの?」ときかれるとさらに悲しい気分になります。貧乳が嫌なのも誰よりも元の大きさに戻ってほしいのも私なのですが、バストアップのマッサージなどを教えてもらって自分でやってみてもいっこうに大きくなる気配はありませんし、一生懸命寄せたりあげたりしても貧乳は変わらないのが悲しいところです。

お金がたまったら豊胸手術をしたいです。私の住んでいる高松市にも大手のクリニックができたので、そこに行ってみようかな・・・。

豊胸手術高松市